知財法務・企業法務の
BEST SOLUTIONを提供

企業価値を最大限活かし、競争力をアップする戦略パートナー

当所は、スタッフ人員の拡大もあり、事務所の永続的な発展の為に、2018年4月1日付けで、生田名越高橋法律特許事務所から、インテックス法律特許事務所(INTEX LAW AND PATENT OFFICES)に改称致しました。これからもご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

主な取扱業務

トピックス

2018年12月1日論文・著書
月刊「発明」誌11月号の「知的財産権判例ニュース」に『明細書記載外の従来技術を参酌したうえで、特許発明の貢献の程度および特許発明の本質的部分(均等の第1要件)を認定した事例』が掲載されました。
2018年11月1日論文・著書
月刊「発明」誌10月号の「知的財産権判例ニュース」に『サポート要件の適否の判断において、出願時の技術水準を考慮して明細書に記載された発明の課題を認定した判断が誤りとされた事例』が掲載されました。
2018年10月1日論文・著書
月刊「発明」誌9月号の「知的財産権判例ニュース」に『無効審判において商標法4条1項15号に該当しないとした審決を取り消した事例』が掲載されました。
2018年9月1日論文・著書
月刊「発明」誌8月号の「知的財産権判例ニュース」に『刊行物に、化合物が一般式の形式で記載され、当該一般式が膨大な数の選択肢を有する場合の引用発明の認定について判断した大合議判決』が掲載されました。